アロエベラで美肌に

スポンサードリンク

美しい肌は女性なら誰もが望むことです。最近は男性でもツルツル肌などといったスベスベな肌を好むようになってきているようです。では、美しい肌というのはどんな肌をいうのでしょうか?

美しい肌を作るための基本的な要素は次の二つ。

  1. 全身と皮膚の新陳代謝を活発にする
  2. 自然治癒力を高める

それらの働きを促進するためにも、皮膚の汚れを取り除き、皮膚に栄養を与えることが大切となります。素肌作りにアロエベラが有効なのは、皮膚の表面から作用して葉誰やニキビに直接働きかけるとともに、新陳代謝を活発にし、コラーゲンの増加や内臓の働きを活性化することで、、体の内側からも有効性を発揮するからです。アロエベラに含まれるビタミンB1、B6、B12やミネラルなどの美肌成分が、肌を引き締め、なおかつしっとりとした美しい素肌を作る手助けをしてくれるのです。

肌の仕組みと働き

皮膚は3つの層「表皮」「真皮」「皮下組織」に分かれています。各層はそれぞれ以下のような働きをしています

  1. 表皮紫外線や乾燥、細菌や化学物質など異物の侵入や外の刺激から皮膚を守る。
  2. 真皮肌の弾力をつくり出す。
  3. 皮下組織脂肪を蓄える部分。クッションとしての役割も果たしている。

この3つの層のうち、肌の美しさに深く関わっているのは。「表皮」と「真皮」です。

皮膚のしくみ表皮は厚さがわずか0.1ミリメートルの極薄い膜ですが、、これも基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4層に分かれています。また、表皮は働きの異なる4つの細胞からつくられています。
全体の90%以上は「角化細胞」であり、残りはメラニンをつくる「色素細胞」(これは基底層に存在しています。)と、免疫機能を担当するランゲルハンス細胞(有棘層に存在しています。)と、神経系のメルケル細胞となっています。

表皮の各層は、角化細胞の成長の度合いによって分かれています。角化細胞はまず表皮の一番奥で分裂をはじめ、少しずつ皮膚の表面近くに移動していきます。そして、皮膚の一番外側に達すると角質細胞と名前を変え、薄く平らに変化します。この角質細胞が十数層も重なったのが角質層です。角質層はすでに死んだ細胞の集まりなので、やがて皮脂やホコリと共に垢となってはがれ落ちていきます。
このように、角質の細胞が入れ替わることによって、「お肌が生まれ変わっていく」のです。
また、角質層には、天然保湿因子(NMF)と、細胞間脂質であるセラミドがあって、肌の水分を保つ働きもしています。
一方、真皮繊維成分の90%はコラーゲンで、ほかにエラスチンという繊維と、それらの間を埋めるヒアルロン酸などから成り立っています。肌の弾力は、この若々しいコラーゲンとエラスチンの量によって決まっています。

上記のように構成されている皮膚はどのような働きをしているのでしようか、これは次の6つが考えられます。

  1. 外界からの刺激に対する保護作用
  2. 体温調節作用
  3. 分泌・排泄作用
  4. 知覚作用
  5. 吸収作用
  6. 呼吸作用

上記の6要素が正常に機能することによって、健康な肌が形作られていることになります。

皮膚に対するアロエベラの働き

アロエベラのゲル質は、上記のような肌の生理作用に対して、自然に免疫力、自然治癒力を高め、皮膚の保護機能を活性化します。その上、血液の流れを改善して、肌の新陳代謝を促進してくれます。その結果、素肌の持つ本来の美しさをより引きでしてくれるのです。
アストリンゼンやモイスチャーの働きも、アロエベラにより健康な肌を作ってこそその効力を発揮させることができると言えます。

こうしたアロエベラの働きをまとめると次のようになります。

保湿作用

保湿作用とは、乾燥しやすい肌に潤いを与えの保湿効果により美容作用に優れているのです。

殺菌作用

吹き出物やニキビなどに、アロエベラの抗菌作用と殺菌作用、解毒作用などが有効に働くことにより、清潔な皮膚に保ってくれます。

皮脂分泌調整作用

肌にある毛穴からは皮脂が分泌されているのですが、アロエベラの収斂作用により、余分な皮脂分泌を防ぎ、きめ細かな素肌に保ってくれます。

紫外線防止作用

アロエベラの成分が紫外線を防ぎメラニン色素の合成を抑制することで、日焼けのトラブルから肌を守ってくれます。

消炎作用

アロエベラには痛みや熱を鎮める働きがあるので、日焼けなどによる炎症を抑える作用を高めてくれます。

新陳代謝促進作用

アロエベラが体全体の新陳代謝を活発にし、血液の流れを改善することで、皮膚のシミやソバカスを、しわなどをできにくくし、予防や回復に効果を発揮してくれます。

スポンサードリンク